2011年07月21日

髪がなくてなにが悪い!

19日に書いた日記の内容について
数名の方からご質問を頂戴いたしました。かわいい

「おっしゃることは分かりますが
  現実には難しいのではないですか

 どのようにしたらそういう心境になれるのかが知りたい」


まあ、おおよそはこのような内容です。

確かに難しいかもしれないです
でも、100人全員が無理ということはない
人間の悩みとか苦しみなどというものは、いつの時代も
どの人も経験することであって、人間として生まれたからには
避けることができない事でもあるとおもうのです。


では、人間の悩みや苦しみっていったいなんなのでしょうか?

これはひと言でいえば

「自分の力ではどうしようもないことをどうにかしたいと思うこと」だと思うのです。


悩み事なんかは他人には理解されません。
「わかりますよ・・・」な〜んて言ってもらえても
本当に分かるのはそのことを経験した人にしかわからないのです。


髪が抜け落ちることでなにが嫌なのか?

「格好が悪い みっともない」
「恋人ができない(結婚ができない)」
「恥ずかしい」
・・・などなど

要するに見た目とか、他人からどう思われるか?とか
考え方の基本がすべて他人目線なのですよね
つまり誰から悪口を言われたとか、いじめられたとかいうのではなく
自分で自分を辱めたり陥れたりしているだけのことなのです。

たとえば
「あなたは胃がんで1年の命です」
と宣告されたとしましょう。


死にたくない!死ぬことは嫌だ
どうして自分がガンにならなければいけないんだ
と思えば、その1年は苦しい1年となります。

でも
1年と限られた人生なら、その時間を思い切り楽しもう!とか
充分幸せだった、あと1年もあれば充分だ
と思えたなら同じ一年も苦しみ必要はなくなります。

というか、こう考えられる人ははじめからガンにはなりにくいです。
そのように考えると、こうなったら嫌だ嫌だと思う人がそのように
なりやすいと考えることもできるのです。

医学的な説明をするなら、これは心因的なストレスになり、交感神経が
優位になることから血流が滞り、血液温度も下がることから免疫力が
極端に落ちるということになります。


多くの方のサンプルから、抜け毛や異常な脱毛症になる方のほとんどが
交感神経過剰気味であることが分かっています。

ですから、難しいと言われようと
髪の毛に執着しすぎないことがいちばん必要な条件となると言うしか
ないのです。


いちばん大切なことなので、さらにもっと噛み砕いて書いていきます。
今後ともよろしくです グッド(上向き矢印)晴れ
posted by masmai at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

なでしこ すごいな〜 で、髪の毛の話し

今日はモッパラ
「なでしこジャパン」サッカーのニュースばかりでしょうね

確かに男子とは違うとはいえ
W杯で優勝するということはもの凄いことです。
わたしもTVの前で朝3時半から興奮しながら
ゲームを観ていました。

ひと言でいえば

『神がかっていた』

前半から米国のシュートはバーに嫌われていたり
普通に考えれば前半終了の時点で 0:3でも
おかしくない試合内容でしたから

それが1点入れられた後の同点のシーンは
相手がクリアしたボールが宮前の前にきて同点

後半から延長にいたっては互角でした。
さっきも書いたように前半でもう1点でも米国に点が
入っていれば90分で米国の優勝となっていたのでは
ないかと思います。


とまあ・・・
ここでサッカーの解説を書いても誰も喜ばないので
髪の毛に関連づけて話題を変えますが、
最近サッカー選手の出版する本がすごく売れていますよね

長友、長谷部、澤、カズ、佐々木監督、阿部・・・
どの本も読んでいないので詳しくは分かりませんが

「あきらめない」
「夢はみるものでなく叶えるもの」

そんな内容なのではないかと思うのです。

ここで誤解のないように先に言っておきますが、そういう内容を
私は批判したりしているのではありません。
それはそれでとても素晴らしいことで、そうして夢を実現できた
人たちはとても素晴らしいと思います。

でも・・・でもです

髪が薄くなり始めている方が同じように考えたとしたら
それは良い方向へ向くことはなく、まったく逆効果であると
いうしかない

たとえば毎日すごい数の髪の毛が抜けていて、この数を
来週は半分にするぞと執念を燃やしてもまず無理です。
その思いが執着となり、結果が伴わないと余計に焦るという
負のサイクルに陥り、さらに状況は悪化していきます。

執念や根性で同点ゴールは奪えても髪は生えてきません。

私が担当するお客様のなかにもこのような方はたくさんおりまして、

『どうしても抜け毛を止めたいんです』
『もとの髪の毛に戻したいのです』

と、必死に訴えてきます。
気持ちは分かります。

とても気持ちは分かるのですが、そう思っている限りなかなか
抜け毛は治まらないし、髪も生えてこないよ。
その気持が余計に髪の毛に邪魔していることを話しても理解して
もらえない。

たぶんですが
がん患者を担当する医師だとか看護師の方であればこの話の内容は
分かると思う。

『わたしは今死ねないんです』
という人ほど死期は早まるんじゃないかな  たぶんね


今日の話はちょっと理解しづらいかもですね
でもこのことが理解できるととても良い方向へいくんだけどな


とりあえず
今日は

『なでしこジャパン!最高!!ひらめき
posted by masmai at 11:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。