2012年05月19日

突発性全頭脱毛症

しばらく書けなくなっておりました。

しばらくぶりですみません。。。

今年3月以降、多くなっているご相談なのですが
いきなり脱毛がはじまり、ひどい場合はすべて抜け落ちてしまう
という脱毛症の報告が舞い込んでいます。

ほとんどが中学生から小学3〜4年生なのですが、なかには
20歳の大人も混ざっています。

原因がまったく把握できないでいます。
ただ、共通する点があり、それ以外の方も発症している可能性が高
いので、できるだけ多くの方の情報をお待ちしているというのが現状です。

その共通点は
1 1〜2ヶ月前に高熱を出した、またはインフルエンザを発症している。

というものです。
高熱を出すことで免疫機能へ影響が出て、一時的に髪が抜けることも考えら
れないわけではないのですが、それならば毎年なん名かそのような症状が
出てもいいのに、これまでそういうことはそれほど顕著ではなかったです。

となると、ここ1年の間に高熱およびインフルエンザに対して新しい治療方法
または新しい治療薬がなかったかを調べてみると、「イナビル」という治療方
法があったことを聞きました。

もちろん現段階において、この「イナビル」なるものが突発性全頭脱毛症の
原因であるかないかは不明です。

このブログを読んで、「うちの子にも該当する」ということであれば、ぜひ
ご連絡下さい。

こういうことは統計をまとめることが非常に大事なのです。
よろしくお願いいたします。
posted by masmai at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。