2011年07月21日

髪がなくてなにが悪い!

19日に書いた日記の内容について
数名の方からご質問を頂戴いたしました。かわいい

「おっしゃることは分かりますが
  現実には難しいのではないですか

 どのようにしたらそういう心境になれるのかが知りたい」


まあ、おおよそはこのような内容です。

確かに難しいかもしれないです
でも、100人全員が無理ということはない
人間の悩みとか苦しみなどというものは、いつの時代も
どの人も経験することであって、人間として生まれたからには
避けることができない事でもあるとおもうのです。


では、人間の悩みや苦しみっていったいなんなのでしょうか?

これはひと言でいえば

「自分の力ではどうしようもないことをどうにかしたいと思うこと」だと思うのです。


悩み事なんかは他人には理解されません。
「わかりますよ・・・」な〜んて言ってもらえても
本当に分かるのはそのことを経験した人にしかわからないのです。


髪が抜け落ちることでなにが嫌なのか?

「格好が悪い みっともない」
「恋人ができない(結婚ができない)」
「恥ずかしい」
・・・などなど

要するに見た目とか、他人からどう思われるか?とか
考え方の基本がすべて他人目線なのですよね
つまり誰から悪口を言われたとか、いじめられたとかいうのではなく
自分で自分を辱めたり陥れたりしているだけのことなのです。

たとえば
「あなたは胃がんで1年の命です」
と宣告されたとしましょう。


死にたくない!死ぬことは嫌だ
どうして自分がガンにならなければいけないんだ
と思えば、その1年は苦しい1年となります。

でも
1年と限られた人生なら、その時間を思い切り楽しもう!とか
充分幸せだった、あと1年もあれば充分だ
と思えたなら同じ一年も苦しみ必要はなくなります。

というか、こう考えられる人ははじめからガンにはなりにくいです。
そのように考えると、こうなったら嫌だ嫌だと思う人がそのように
なりやすいと考えることもできるのです。

医学的な説明をするなら、これは心因的なストレスになり、交感神経が
優位になることから血流が滞り、血液温度も下がることから免疫力が
極端に落ちるということになります。


多くの方のサンプルから、抜け毛や異常な脱毛症になる方のほとんどが
交感神経過剰気味であることが分かっています。

ですから、難しいと言われようと
髪の毛に執着しすぎないことがいちばん必要な条件となると言うしか
ないのです。


いちばん大切なことなので、さらにもっと噛み砕いて書いていきます。
今後ともよろしくです グッド(上向き矢印)晴れ
posted by masmai at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。