2011年11月04日

女性の抜け毛・薄毛最近の傾向について

私は「女性の薄毛解消マニュアル」というネット書籍を出しています。
アジアインターナショナルさんから出版させていただいているのですが、
最近、この本の販売数がかなり出はじめててて、嬉しいような哀しい
ような複雑な心境です ふらふら

世の中の女性に必要とされているということなのですが、
反面、それだけ多くの女性が薄毛や抜け毛に悩んでいるということ
でもあるわけです。

先日、その購買者の方がカウンセリングに見えて
お話をきかせていただきました。

その方は美容師さんでして、そういえば最近女性で髪が薄くなることに
悩まれている方が多くなったと言っていました。

なぜ、そうなってきたのかについて私は次のように考えます。

1幼児期における育ち方の違いによるもの

2会社内における環境の悪化

3精神的な不満が大きくなっていること

4セックスの不満が大きくなっていること

今の世の中、未満児で施設に預けて育つというのが当たり前となっています。
人間形成において乳児の頃は非常に大切で、授乳やオシメの取替に母親が関わる
ことが子供にはとても大切なのですね。

この時期 "母なるもの" に関わりが少ないと、非常に不安定な情緒の持ち主と
なる可能性が非常に高い。
この時期の子供への母親の愛情不足は大人になってもカバーすることができません。
本人にとって自覚がなくても、自分が存在する意味であったり理由のようなもの
つまり "アイデンティティ”が構築できなくなってしまいます。

会社環境の悪化とは、冷房の使用過剰も大きなことですし
パソコン使用による視神経疲労なども含みます。
31にも影響を受けているのですが、情緒が不安定なことによって、ちょっとした
出来事によって不安感や恐怖感を持ちやすいです。

4については、これはもう10年以上前からはじまっていることなのですが、
男性の性欲の低下はたぶん歯止めがきかないでしょうね。

男性が “草食化”すればするほど、女子は “肉食化”することになります。
女性にとってセックスの欲求不満は、間違いなく薄毛・抜け毛へ進んでいく
ことになります。

特に30代後半から4〜50代の女性は、注意が必要です。
難しい問題なのですけどね。

posted by masmai at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。